#生産性向上

新たなコンセプトの「ウォーキングキャンペーン」! 二年連続でのドコモ・ヘルスケア×コードブックのコラボ企画

~カラダのリカバリー機能を高め、楽しくフィットネス、楽しくウォーキング~

Pic1.jpg

【概要】

 コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22F 代表取締役:細野 貴文、以下コードブック)は、ドコモ・ヘルスケア株式会社(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー4F 代表取締役:村上 伸一郎、以下ドコモ・ヘルスケア)が毎年10月から11月に開催するウォーキングキャンペーンに2年連続でコラボレーションすることになり、今年はキャンペーン参加の皆さまに、「身体のリカバリー機能の向上及び関節を傷めず、楽しく毎日8,000歩!」をテーマにフィットネスプログラムを提供することになりました。

【新コンセプト】

 近年ウォーキングをすることで「疲れがとても溜まっている」や「膝や腰等を傷めてしまった」という方が続出しております。その悲劇を無くすため、ドコモ・ヘルスケアと弊社は下記をコンセプトに2ヵ月のキャンペーンを設計いたしました:

Pic2.jpg
  • OnlineとOfflineの融合によるウォーキングキャンペーンの新たな在り方

  • キャンペーン終了後もウォーキングを習慣的に楽しめるマインド形成

  • リカバリー機能を高め、適度に運動をすることで逆に疲労を蓄積させない体づくり

【効果測定の考え方】

 ウォーキングセミナー1回、フィットネス3回を開催し、「楽しめたか」「フィットネスでココロとカラダに変化があったか」「歩数は伸びたか」を軸にウォーキングとフィットネスを一緒に実施することの効果測定をしていきます。

 

■ウォーキングセミナーと第一回フィットネスプログラムの効果

 折り返し地点を迎え、中間結果は下記の通り:

図1.png
図2.png

 11月終了時に、事前に打ち立てたコンセプトと歩数の増減を測定し、今回の営みの効果測定のサマリと提言を発信していきたいと思います。

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

コードブック株式会社

〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階

担当:一原

Email: contact@cordbook.netTel: 03-4360-5686

日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展 「Inter Bee 2019」@幕張メッセでブース出展&フィットネスプログラム 体験会開催決定!

~2019年11月13日(水)-15日(金)、動画プラットフォームや実際のフィットネスをぜひ体験にお越しください!~

InterBee Top.png

【概要】

 コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)は、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展である「Inter Bee 2019」@幕張メッセにてブース出展いたします。

 また期間中に弊社のフィットネスプログラムの体験会も毎日複数会行います。

 

『Inter Bee 2019』

開催日時:2019年11月13日(水)~15日(金)

会  場:幕張メッセ

Z O N E :INTER BEE CREATIVE MEET-UP

運  営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会

Inter BEE 2019公式サイト ※入場事前登録要

<https://www.inter-bee.com/ja/>

 

【INTER BEE CREATIVE MEET-UPの場で弊社が行うこと】

 来場者同士の交流、休憩、新たな知の発見を目的に構築された「空間」では、体験を目的に作られた「Hands-onエリア」「Workshopエリア」、交流や休憩を目的に作られた「Fireside Chatエリア」「」Open Loungeエリア」があり、そこで弊社のOnlineとOffline両方のフィットネスコンテンツを来場者の方にご体験頂きます。

弊社のサービスをご体験いただくことで、下記のことを実感いただけるはずです:

 ・肩こりや腰痛が少し軽くなった!

 ・爽快な気持ちでストレスが発散された!

 ・運動習慣はないけど、これなら毎日できそう!

 ・運動って楽しい!

 弊社のブースや体験会にて、皆さまとお会いできること楽しみにしております。

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

コードブック株式会社

〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階

担当:山本

Email: contact@cordbook.net    Tel: 03-4360-5686

【ヘルスケアIT@東京ビックサイト講演決定!サントリー×コードブックが創造する新しい健康経営の形】

ライブストリーミングや動画プラットフォーム等、ICTを駆使し従業員の  皆さまに楽しめる運動プログラムの提供を開始!

~特定保健指導の枠組みでの、行動変容を促す新たなスキームをデザイン!~

Logo.png
Pic1.jpg

【概要】

 コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)はこの度、サントリーホールディングス株式会社(〒530-8203 大阪市北区堂島浜2-1-40 代表取締役:新浪 剛史)及びサントリー健康保険組合と、ICTを活用した新たな特定保健指導のスキームをデザインし、その施策の導入を開始いたしました。

 また、東京ビックサイトにて開催されるヘルスケアIT 2020に、弊社代表の細野と、サントリーホールディングス株式会社人事部部長の後藤氏が、その施策の詳細と取得データについて講演することになりました。

ヘルスケアIT.png

【本施策の概要】

施策概要.png

 Live Streaming、Web問診表、動画プラットフォーム等のICTを活用することにより、中小規模拠点の従業員の皆さまにも同じスキームで運動プログラムを届けることを可能にしました。

 10月に全対象者にフィットネスプログラムの受講及びオリジナルの問診票に回答いただき、動画のパーソナルワークアウトプログラムを作成、11月より一斉に3ヵ月プログラムを開始します。

その後はSNSを活用しフォローアップし、3か月後に効果測定を行います。

  最初のリアルフィットネス/Live Streaming配信と初回グループセッションにて、受講者のモチベーションを高めることに成功しました。

図1.png

【リアルフィットネス及びLive Streamingの効果と満足度※一部抜粋】

kata.jpg

 ※フィットネスパートの様子まずは肩こりの解消から。

 サントリーホールディングス株式会社にて取り組まれているウォーキング等の他施策との連動も加味し、ウォーキングの要素等をプログラムに入れることで、施策の効果を高め、且つ各施策との一貫性を担保しました。

図2.png

【コードブックの今後の展開】

 企業様毎に異なる文化、個人ごとに異なるお悩みを解決すべく、独自のアルゴリズムを活用したプログラムを用いて、結果と行動変容を促すスキーム及びプログラムを構築し、企業、地域、更にはSDGsに貢献していきます。

 同時に、複数ソリューションをフレームワーク化し、自動的に施策を選定できるシステムを構築し、「すべての人に健康と福祉」を届けられるプラットフォームを構築していきます。

【担当講師:Profile:山本周平】

山本周平.jpg

   •         ネバダ州立大学ラスベガス校アスレチックトレーニング学科卒業 NATA公認アスレチックトレーナー

•         アイスホッケー男子日本代表トレーナー

•         オリンピック医療強化スタッフ

•         Bring Up Rugby Academyコーディネーショントレーナー

•         YNFA(長友佑都氏のサッカーアカデミー)コーディネーショントレーナー

•         オリンピック選手やオリンピック選手等のプロアスリートのトレーナー

•         健康経営プログラムディレクター

•         Anti-Aging Fitness Stylish Body経営

グラクソ・スミスクライン健康保険組合様に、弊社の新しい「ICTを活用したOnline/Offlineを融合させた健康経営サービス」の導入決定!

~昨年度導入の特定保健指導サービスのアップグレードバージョンを、二年連続で今年もご採用いただきました!

Kick Offイベント:ウォーキングを継続的に楽しくするためのファンフィットネスの様子

Kick Offイベント:ウォーキングを継続的に楽しくするためのファンフィットネスの様子

【概要】

 コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)は、グラクソ・スミスクライン健康保険組合(〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1)と連携し、昨年度特定保健指導の一環として実施したICTを活用したウェルネスプログラムのアップグレードバージョンサービス提供を今年も行います。

  新たなサービスは、弊社独自のアルゴリズムによってココロとカラダの状態を見える化し、その上で弊社の動画プラットフォーム上にあるワークアウトメニューを、一人一人のお悩みに合わせて作成するパーソナルワークアウトプログラムになります。

  従業員の皆さまが楽しくエクササイズ/ストレッチを習慣的に行い、ココロもカラダもリフレッシュした状態を常に保て、更には体力がつくことでモチベーションが高まるよう、ICTを活用し、いつでもどこでも簡単なエクササイズ/ストレッチが可能なプログラムとしております。

  フィットネスを楽しめ、いつしか習慣化でき、更に周囲の方々をエンゲージメントする導線をデザインし、PDCAサイクルを回し、今後も従業員の皆さまの行動変容を無理なく促せるようサービスを新しく開発していきます。

 

【Kick Off イベント:ウォーキングを継続的に楽しくするためのファンフィットネス】

 今年もKick Offイベントとして、グラクソ・スミスクライン株式会社にて実施されるウォーキングキャンペーンに合わせて、「ウォーキングを継続的に楽しくするためのファンフィットネス」と題して、身体を傷めず楽しくウォーキングするためのコツとフィットネスを開催いたしました。

 

■満足度評価 ※一部抜粋

Q1.フィットネスセミナーの満足度を教えてください:

図1.png

Q2.ご自身の生産性・パフォーマンス・モチベーションを阻害する要因をお選びください。

Q3.今回のフィットネスで実感できたと思われるものをお選びください。

図3.png

Q4.今回のセミナーでウォーキングの意欲が上がったとご回答の方にお伺いします。どの程度意欲は高まりましたでしょうか?

図4.png

【今後の展望】

 In-House(企業内)フィットネスというリアルの場を活用しながら、On-lineにてフォローアップするコードブックスタイルを今後更に打ち出し、SDGsや日本社会の課題解決に貢献していきます。

【女性特有の健康課題を解決することで会社全体を元気に!】 株式会社We&の従業員のパフォーマンスアッププロジェクト開始!

キックオフとして、スパルタ英会話の女性社員向け講義&フィットネスプログラムを実施!

Spart1.png

【概要】

 コードブック株式会社(〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文 以下コードブック)は、株式会社We&(〒160-0022東京都新宿区新宿1丁目16−10 コスモス御苑ビル702号 代表取締役:小茂鳥 雅史)の従業員のパフォーマンスアップを目的としたプロジェクトを2019年8月より開始しました。

その第一弾として、株式会社We&が運営する英会話スクール、株式会社スパルタ英会話にてコードブックオリジナルのプログラム「女性特有の健康課題解決プログラム」を開催いたしました。

  

【パフォーマンスアッププログラム導入の背景】

 株式会社We&の代表を務める小茂鳥氏は、「会社の成長は従業員の成長であり、成長を求めるには従業員が健康体で活力ある状態が不可欠である」と考えられており、ただ食育や運動をさせるプログラムを研修の一環として入れるのではなく、従業員が健康であることでどのような効果が生まれるのか、従業員にもわかり易く伝えたいという想いと、これまで可視化できていなかった従業員のメンタル・睡眠・食・運動の総合的な健康調査を実施し自社の現在の状態を正しく理解したいという二つの想いをお持ちでした。

 

 更に、「オープンなコミュニケーション」、「若手が育ちやすい環境」、「メンバーの多様性」を高く意識する同氏は、場当たり的な研修の導入ではなく、継続性を持ったチームビルディング要素もプログラムに入れ込みたいと考えられており、スキームデザイン、データ取得/分析、要望に応じたカスタマイズ可能な豊富なコンテンツを有するコードブックと計画フェーズより検討を始めることになりました。

 

 「世界一の英会話スクールをつくる」をビジョンに掲げる同社と、「世界に羽ばたく人財の育成」をビジョンに掲げるコードブックと、ビジョンが近似していることも今回のコードブック選定の理由の一つでもありました。

 

【第一弾:女性特有の健康課題の解決プログラム】

  経済産業省ヘルスケア産業課が平成31年3月に発表した「健康経営における女性の健康の取組について」に女性特有の月経随伴症状などによって約5,000億もの労働損失がでているという数字に着目し、まずはアンケートを実施しました。その結果、女性従業員のほぼ全員が何かしらの悩みをお持ちであり、その解決を図ることが最も大きな効果を生むと考え、「損失ではなく、新たな価値の創出」と位置付けこれをキックオフテーマに選定しました。

cb-spe2.jpg

■概要

 食を制限し、運動習慣のない従業員に、ライフスタイルを変えて一人で健康を追い求めさせることは難しいということを前提にプログラムをデザインしました。

[プログラム概要]

  1. 自身のライフスタイルの振り返り

  2. 女性が元気になることで生む新しい価値

  3. 体内の血流を改善するフィットネス

  4. マインドフルネス

CB-SPE3.jpg

【プログラムの効果と受講生の声】

  • 満足度:100%の受講者がプログラムに満足と回答

  • 肩こり腰痛の解消度:100%の受講者が肩こりまたは腰痛の解消を実感と回答

  • ストレス発散度:100%の受講者がストレス発散を実感と回答

  • コードブックオリジナルフィットネスプログラム:約60%の受講者が二日に一度以上、約40%は3日に一日は継続して取り組めそうと回答

  • 希望する頻度:受講者の約80%が毎月または四半期に一度以上の開催を希望

  • 会社への評価:100%の受講者が会社の本取り組みを評価と回答

  • 受講者の声:「とても楽しかったです!!」「運動しようと思いました!」「多忙の中、このような機会はとてもうれしいです。まずは一日10分の瞑想やストレッチから始めてみようと思います。」

 

【今後の展開】

  受講者のみなさまが楽しめること、そしてコミュニケーションが活性化しチームビルディングの効果を生み、エンゲージメント力を創出することが継続の鍵であり、今後もデータドリブンに株式会社We&の従業員の皆さまの健康を支え、事業の成長をドライブするサポートをしていきます。

NHK Worldにて弊社の健康経営サービスがクローズアップされ、世界180カ国以上に発信されました!SDGsにも貢献できるようチャレンジしていきたいと思います!

~体重減少、肩こり腰痛改善、ストレス発散等、

プレゼンティーイズム/アブセンティーイズムの要因を解決し

生産性向上に寄与する運動に特化した健康経営サービス!

一社一社の要望に沿ってデザインする、

行動変容を促すオリジナル運動プログラム~

左:代表取締役 細野 貴文、右:執行役員 山本 周平

左:代表取締役 細野 貴文、右:執行役員 山本 周平

 コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)の展開する健康経営サービス「ウェルネスデザイナー」が、NHK Worldにクローズアップされました。企業の生産性を下げるプレゼンティーイズム/アブセンティーイズムの原因である肩こり・腰痛などの筋骨格系の課題、メタボリックシンドロームの解消や生活習慣病の予防、そしてメンタルの課題をリアルの場×ITでどのように解決しているのか、また受講者にどのような身体やメンタルの変化がでてきているのかを放映いただきました。

 実際にサービスを受けていただいた方々より、3ヵ月のプログラムで「体重が5kg以上減少した」、「肩こり腰痛等の筋骨格系の不調が改善した」、「ストレスが発散されエネルギッシュに仕事に取り組めるようになった」など、ポジティブな変化を実感いただいております。

『NHK World 新・経済情報BIZ STREAM』

放送日時:2019年5月18日(土)23:10(38分)

アーカイブ:<https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2074039/>

※12分43秒より弊社の取組内容が紹介されております。

 【ICTを活用したWeb 1 on 1 パーソナルセッション】

※Web 1 on 1 パーソナルセッションイメージ

※Web 1 on 1 パーソナルセッションイメージ

■弊社のWeb 1 on 1 パーソナルセッションの特徴

  • お客様のIT環境を鑑みた、スキームデザイン

  • いつでもどこでも、どこからでも受講可能

  • 行動変容を促す仕掛けとデータ収集によるPDCA

【リアルの場で行うフィットネスプログラム】

※フィットネスクラスの様子

※フィットネスクラスの様子

■弊社のフィットネスプログラムの特徴

  • 元シアトルマリナーズのトレーナーや現役アイスホッケー日本代表チームのトレーナーがプログラム監修

  • オフィスや自宅で簡単に実施できる、その場限りで終わらない設計

  • コミュニケーション活性化やチームビルディング促進を狙ったプログラム

サービス受講者の皆さまの声

  • 体重5kg減量

  • 肩こり、腰痛等解消

  • 前向きに/エネルギッシュになった

【コードブックの健康経営サービス】

 プロのコンサルタント×プロのアスレティックトレーナーによる、企業の文化・IT環境を鑑みた上でのサービス提供スキーム・データ取得スキームをデザインし、その上で無理なく楽しめる様々な種類の研修(運動・食・メンタルヘルス・睡眠等)やフィットネスプログラム等のコンテンツを提供しております。

 運動をする習慣を組織全体に根付かせることで、体を動かすという人間の本源的な欲求の充足を図り、体力の向上・ストレスの発散・生活習慣病の予防などに寄与します。また爽快感・達成感・他者との連帯感等精神的な面に於いてポジティブに作用するため、心身両面にわたる健康の保持増進効果を望めます。

健康保険組合連合会主催保健師・看護師等全国研修会にて講師登壇!

「楽しく継続できる運動プログラム」を体験型セミナーとして、弊社執行役員の山本周平が講師として登壇。

「楽しく継続できる運動プログラム」を体験型セミナーとして、弊社執行役員の山本周平が講師として登壇。

【概要】

コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)は健康保険組合連合会主催の「保健師・看護師等全国研修会」にて、弊社執行役の山本周平が講師として、楽しく継続できる運動プログラムについてセミナー登壇いたしました。

 

◆健康保険組合連合会主催 平成30年度「保健師・看護師等全国研修会」

1.目的

保健事業に携わる専門職を対象に、最新の知見に基づく情報や効果的な事業を推進するために必要な知識・技能の習得による資質の向上を図り、参加者同士の情報交換による交流を深めること。

2.開催期日・会場

・日 時:平成 31 年 2 月 28 日(木)研修 13:00~17:00

3 月 1 日(金)研修 9:30~16:10 《2 日間》

・会 場:コンベンションルームAP東京八重洲通り

【セミナーの様子】

Pic2.jpg
上:ビーナスでポーズで姿勢リセット、 下:鳥パタパタのポーズで背中を鍛える。

上:ビーナスでポーズで姿勢リセット、 下:鳥パタパタのポーズで背中を鍛える。

【独自のメソッド】

働く社会人の皆さまが継続して運動できるよう、「無理なく、楽しめる」ことをコンセプトにプログラムを設計しております。

 また単純な「筋トレプログラム」ではなく、コミュニケーション活性化やメンタルヘルス等の要素を取り入れたりと、お客様のご要望に沿ったカスタマイズが可能です。

■構成例

Pic4.png

■ Profile:山本 周平

米国ネバダ州立大学ラスベガス校アスレチックトレーニング学科卒業後、日本代表男子アイスホッケーチームトレーナー、日本オリンピック委員会医化学強化スタッフ、またプロモデルのボディメイク講師として活躍中。

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

コードブック株式会社

〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階

担当:山本

Email: contact@cordbook.net    Tel: 03-4360-5686

東京ビックサイトで開催されたCare Show JapanヘルスケアIT展に 弊社代表、執行役員、事業推進本部長が登壇!

グラクソ・スミスクライン健康保険組合とドコモ・ヘルスケア株式会社の二つの事例とデータ分析結果を発表!~ICTを駆使したデータ取得スキーム×データドリブンで行動変容を促す施策~

※左:代表取締役 細野 貴文、真中:執行役員 山本 周平 右:事業推進本部長 一原 克祐

※左:代表取締役 細野 貴文、真中:執行役員 山本 周平 右:事業推進本部長 一原 克祐

実際の会場での体験フィットネスの様子

実際の会場での体験フィットネスの様子

 コードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)は、UBMジャパン株式会社(〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル 2F)主催「Care Show Japan 2019」のヘルスケアIT展にて、代表の細野と事業推進本部長の一原がグラクソ・スミスクライン健康保険組合(〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1)との特定保健指導の事例と分析データについて講演し、執行役員の山本がドコモ・ヘルスケア株式会社(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー4F 代表取締役:和泉正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)とのウォーキングイベントをフックにした組織を活性化する健康経営の事例と分析データの講演に登壇しました。

『Care Show Japan 2019』

会  期:2019年1月23日(水)・24日(木)10:00-17:00

会  場:東京ビッグサイト 西3・4ホール

主  催:UBMジャパン株式会社

CareShowJapan.png

■グラクソ・スミスクライン健康保険組合での事例発表

「ICTを活用した健康経営事例 グラクソ・スミスクライン×コードブックが創るリアルとバーチャルを融合したウェルネスプログラム」概要:

 コードブックはICTを活用し、生活習慣病の予防を目的とした特定保健指導の一環として、「体重-2kg、腹囲-2cm」を目標にいつでもどこでも受講可能なWebでのパーソナルトレーニングを提供しました。

 講演では、クラウドサービスを活用し受講予約、Web会議ツール、アンケートをストレスなく提供するスキーム、コードブック独自の問診票・ストレッチ/エクササイズ動画、更に各プロセスで取得した行動変容に纏わるデータについてその詳細を説明しました。

20190203_GSKプロセス.png

・効果測定結果 ※一部抜粋

 ICTの使い勝手の良さ、Webパーソナルトレーニングの満足度も高く、約7割の方が目標達成できた/できそうと回答いただけました。

使い勝手.png
GSK_ 定期的.png
目標達成できるか.png

[今回取得データの分析結果]

・社員の皆さまは潜在的に運動への欲求があるものの、機会と時間がなく、結果として、ほとんど運動しない毎日を過ごされていること

・簡単なフィットネスをする機会を定期的に企業側が提供し、社員それぞれが自分に合ったプログラムを見つけることで、自発的に「やってみよう!」という意識が芽生え、継続的に運動する習慣が身に付くこと

■ドコモ・ヘルスケア株式会社との事例発表

「コードブック×ドコモ・ヘルスケアの健康経営 スポーツを軸にした組織を活性化させる事例紹介」概要

 ドコモグループで毎年開催している社内ウォーキングイベントの効果を最大化するため、ドコモ・ヘルスケアにてウォーキングや身体についてのヘルスリテラシーの向上講座と、実際にその知識を使い身体で実感していただく機会としてフィットネスイベントを計6回開催しました。

DHQの流れ.png

・効果測定 ※一部抜粋

 全6回(ウォーキングセミナー2回、フィットネス4回)のフィットネスイベントに関しては、フィットネスイベント参加者の歩数の伸びが165%となり、非参加者の124%を41pt上回っただけでなく、仕事の生産性に影響が大きい肩こりに関しても参加者の30%に改善がみられ、ウォーキングとフィットネスを一緒にやることの効果が確認できました。

DHQ満足度.png
DHQ興味関心.png
DHQ得られた効果.png

[今回取得データの分析結果]

・運動する意欲があっても行動に移せない環境が、健康への道に立ちふさがる大きな障壁

・ウォーキングを推奨し、簡単なフィットネスをする機会を定期的に企業側が提供することで、社員の健康増進とコミュニケーション活性化に寄与できる

 

■コードブックはサステイナブルなウェルネスを社会に創造するパートナーを募集しております!

下図のようなサステイナブルなウェルネス社会を共創いただけるパートナー様を募集しております。

ウェルネス社会.png

弊社の強みである経営/ITコンサルティングの経験から成るスキームデザイン力とデータ取得設計力、そして第一線を走るアスレチックトレーナーのコンテンツデザイン力を、皆さまのご知見/プロダクト/サービスと掛け合わせさせていただき、更なるソリューションへと昇華させ、日本を元気に、そして世界に発信していきたいと考えております。

まずはぜひ、お問い合わせいただければと思います。

■コードブックのウェルネスサービスについて

CBウェルネス.png

・コードブックのウェルネスプログラムとは?

 プロのコンサルタント×プロのアスレチックトレーナーによる、企業の文化・IT環境を鑑みた上でのサービス提供スキーム・データ取得スキームをデザインし、その上で無理なく楽しめる様々な種類の研修(運動・食・メンタルヘルス・睡眠等)やフィットネスプログラム等のコンテンツを提供しております。

 運動をする習慣を組織全体に根付かせることで、体を動かすという人間の本源的な欲求の充足を図り、体力の向上・ストレスの発散・生活習慣病の予防などに寄与します。また爽快感・達成感・他者との連帯感等精神的な面に於いてポジティブに作用するため、心身両面にわたる健康の保持増進効果を望めます。

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

コードブック株式会社

〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階

担当:山本

Email: contact@cordbook.net    Tel: 03-4360-5686