マイアミヒート

【ニューヨークヤンキース、マイアミヒートご登壇!】

一般財団法人グリーンスポーツアライアンスのパートナー企業としてキックオフフォーラムに参加し、今後の共同開発方針をご発表いただきました!

~米国のMLB、NBA、NFL等のチームが多数加盟するグリーンスポーツアライアンスのパートナー企業となり、弊社サービスを共同研究・開発することとなりました~

Kick Off.jpg

マイクロソフト共同創設者ポール・アレン氏が2010年に米国で設立された一般財団法人グリーンスポーツアライアンス(〒108-0014 東京都港区芝4-16-2-1004 代表理事:澤田 陽樹 以下GSA)のパートナー企業にコードブック株式会社(〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂1-12-1 代表取締役:細野 貴文)はなりました。

GSAはスポーツを通じてサステイナビリティ社会の実現を志されている団体で、米国では4大スポーツのアメリカンフットボール(NFL)、野球(MLB)、バスケットボール(NBA)、アイスホッケー(NHL)を初め、多くのスポーツチーム、リーグ、スポーツ施設、支援企業、団体と連携をされています。

現在メンバーとしてはプロと大学等のアマチュアを含め400団体を超え、同様にスポーツリーグも15団体以上、また関連企業、NPO団体、官公庁等が登録され、環境問題への取り組みや人々の健康向上推進等の活動をされています。

GSAと弊社は、弊社サービスの企業の健康経営の営みを推進し生産性向上を実現する「ウェルネスプログラム」と、運動神経を高める体操プログラム「コードブックコーディネーショントレーニング」を共同研究・開発していくことを決め、2018年4月22日開催のGSA主催のキックオフフォーラムにてサービス紹介をいただきました。

キックオフフォーラムには、米国 Green Sports Allianceの代表の Justin Zeulner氏をはじめ、ニューヨークヤンキース上席副社長 スタジアムオペレーション Doug Behar氏、マイアミヒートサスティナビリティ& オペレーション ディレクター Jackie Ventura氏、PLANLED CEO John Hwang氏、シアトル大学スポーツアドミニストレーション& リーダーシップ准教授 Brian McCullough氏らがご参加され、米国事例や日本での活動方針について熱くプレゼンテーションされました。

今後GSAの有するスポーツの叡智を活かし、弊社の抱えるコンサルタント、プロのアスレチックトレーナーの知見を融合し、社会保障/健康問題等社会の課題解決や子供たちへのスポーツを通した教育に取り組み、企業の成長、地域コミュニティの発展に貢献し日本の競争力の底上げ、社会保障給付費の圧縮の一助となっていきます。

■弊社サービスにつきまして

・コードブックのウェルネスプログラムとは?

国を挙げて取り組んでいる健康経営の推進を目的としたサービスで、プロのコンサルタントとプロのアスレチックトレーナーが働き方改革や健康経営の取り組みに纏わるコンサルティングサービスと従業員が実際に受けられる様々な種類のフィットネスプログラムを提供しております。

運動をする習慣を組織全体に根付かせることで、体を動かすという人間の本源的な欲求の充足を図り、体力の向上・ストレスの発散・生活習慣病の予防などに寄与します。また爽快感・達成感・他者との連帯感等精神的な面に於いてポジティブに作用するため、心身両面にわたる健康の保持増進効果を望めます。

Healthy Community.png

・コードブックのコーディネーショントレーニングとは?

<https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=33432&release_id=1&owner=1>

 

■一般財団法人グリーンスポーツアライアンス

< http://greensportsalliancejp.org/>